Envelope FOOD HALL|[中尾アルミ製作所]シルクフライパン(フッ素樹脂加工)

長持ちする、フッ素樹脂加工のフライパン

昭和33年創業の中尾アルミ製作所。おいしいもののためには妥協を許さない名シェフに愛されている鍋やフライパンは、もちろん家庭用としても優秀です。その中のひとつ、シルクフライパンをご紹介します。

2020年4月、大きな30cmが加わり全部で4サイズになりました。

■プロの声からつくられたフライパン

フッ素樹脂加工されたシルクフライパンは、より長持ちするものが欲しいというプロの声からつくられました。ある老舗洋食店もこのフライパンでオムレツをつくっているそうです。▲ハンドルは熱くなりにくいステンハンドル

より長持ちさせるため、成形した後にフッ素の樹脂加工のコーティングをする一般的な方法ではなく、板の状態でコーティングを圧着して成形するという方法でつくられています。

使い方にもよりますが、通常1年くらいで料理がくっついてしまうものも多いなか、4年くらいはもつのだそう。

お客様の中には、2本のシルクフライパンを使い分けながら10年使用している方もいるんだとか。

■料理のプロが選び続ける理由

数あるつくり手の中でも、名立たる料理人から愛されている同所のシルクフライパン。長持ちするフッ素樹脂加工のほかに、選ばれ続ける理由はどこにあるのでしょうか。そのひとつめは、何度も厨房で繰り返す調理に耐えられる丈夫さ。

「耐久性の高い国内のアルミ素材を使い、国内で製造する」これが創業当初の60年前から大切にしていることだそう。より丈夫にするため一般的な鍋に使われる素材より硬度や純度が高いものを採用しています。

また成形はよく使われる金属を伸ばす製法ではなく、コストはかかるものの強度が増すプレス製法で行われます。

いくつもの工夫の積み重ねが、同社の耐久性をつくっているのが分かります。選ばれるふたつめの理由。それは使い勝手のよさ。

シルクフライパンを使って驚かされるのが、滑りのよさ。素材を炒める時の箸先が軽やかなんです。滑りの秘密となるフッ素樹脂は、ダイキン工業のシルクウェアを使用。

鍋肌やハンドル部分は、フライパンをあおりやすい角度になっていて機能的にも考え抜かれています。シンプルなデザインは、洗うときもストレスを感じさせません。

使い心地のよさを追求し、実際に料理をしてみて使った人の声を聞き試行錯誤しながら、今の形が完成しています。

家庭でも出番の多いフライパンだからこそ、長く付き合えて機能的なものを選びたいですよね。▲美しいハンドル部分。穴があるので、吊るして収納することもできます▲フライパンの裏側にはブランドロゴとサイズの刻印

■経験と技術がつくる美しい佇まい

余分なものがそぎ落とされた美しい佇まいは、手にするだけでお料理が楽しくなるものです。この美しさをつくるためには、長年の経験と技術が必要なのだそう。▲成形の様子(写真提供:中尾アルミ製作所)

成形はプレス機を使ってオートメーションですが、人の手で調整する部分が約半分もあるといいます。というのも金属は季節や、天気、振動によって伸び方が変わってくるんだとか。

機械のセッティングには、長年の経験と技術が欠かせません。この人の手による調整がないと、製品を長く使ううちに違いがでてくるそうです。▲ハンドル接合部分。ここもシンプルで無駄のないデザインに

■シーンに合わせた4サイズ

サイズは鍋口の幅が21cm、24cm、27cm、30cmの4種類があります。厚みはどれも3.4mm。この厚みが熱をムラなく伝えてくれ、料理をおいしくしてくれます。

▲一番小さいものから、21cm、24cm、27cm、30cm

21cmは朝のお弁当や1人分の料理に便利なサイズ。24cmは2人分、27cmや30cmはそれ以上という目安で選んでくださいね。

21cm:鍋底外寸約16cm・深さ4.5cm・持ち手17cm・約600g・容量1.5L
24cm:鍋底外寸約18cm・深さ5.0cm・持ち手18cm・約800g・容量2.2L
27cm:鍋底外寸約20cm・深さ5.5cm・持ち手19cm・約950g・容量3.1L
30cm:鍋底外寸約22.5cm・深さ6.0cm・持ち手20.5cm・約1100g・容量4.0L

※オーブンでの使用ができます。IH電磁調理器ではご使用になれませんのでご注意ください

▲21cmで回鍋肉。しっかり深さがあるので、たっぷり1人前がつくれます▲中尾アルミ製作所スタッフの方がつくったナポリタン。ジューシーな仕上がり(写真提供:中尾アルミ製作所)

このフライパンには、アルミ製のふたも3サイズ(21,24,27,30cm)でご用意しています。ふたがあれば、餃子や蒸し煮のときに重宝します。▲なだらかな曲線のふた。こちらの持ち手も熱くなるのでお気をつけください

■知れば安心のお手入れ方法

使った後のお手入れですが、難しいことはありません。洗剤のついたやわらかいスポンジで洗い、乾かすだけで大丈夫です。1週間に1,2回、10分程度の湯沸かしをすると表面の汚れが浮き、鍋肌のなめらかさがよみがえります。

長く使うために気を付けたいことは必要以上な空焚きや強火を控えること。フッ素樹脂加工は高温に弱く、加熱しすぎるとこびりつきやすくなります。

予熱の目安は中火で10秒程度にしてくださいね。火にかける前に油やバターをひくことも劣化の防止になります。

鍋をしっかりあたためて調理したいときは、半分くらいまでお湯をはり、沸騰したらお湯を捨て調理を始めましょう。

また、耐熱樹脂や木製の調理道具をお使いいただくと傷の防止になります。

関連記事


《おいしいつくり手》レストランでも家庭でも。中尾アルミの鍋が愛される理由。

《スタッフ買い物帖》餃子や炒めものに活躍。すべるすべる!な大きなフライパン

SHOPPING MEMO

サイズ:
21cm:鍋底外寸約16cm・深さ4.5cm・持ち手17cm・約600g・容量1.5L
24cm:鍋底外寸約18cm・深さ5.0cm・持ち手18cm・約800g・容量2.2L
27cm:鍋底外寸約20cm・深さ5.5cm・持ち手19cm・約950g・容量3.1L
30cm:鍋底外寸約22.5cm・深さ6.0cm・持ち手20.5cm・約1100g・容量4.0L


※IHではご使用いただけません。オーブンでの使用はできます。
※必要以上な空焚きや強火を控えること
※傷防止のため耐熱樹脂や木製の調理道具をお使いください。
※ハンドルは熱くなりにくくなっていますが、状況に応じて鍋つかみやクロスをお使いください。
※こちらの商品は箱付きではありません。

配送・ラッピング