Envelope FOOD HALL|[茶屋すずわ]めざめのお茶(煎茶と芽茶)

大切な一日をさわやかな気分で始める、めざめの一杯

創業172年。日本一のお茶の産地で日本茶をつくりつづけている名店「すずわ」のお茶。暮らしのシーンに合わせてつくられた3種類の「ときのお茶」シリーズから、「めざめのお茶」をご紹介します。

■朝の口に合う、ほどよい渋み

茶屋すずわの「めざめのお茶」は、「大切な一日をさわやかな気分で始めてほしい」というコンセプトでブレンド(合組)された、朝にぴったりなお茶です。


▲ティーバッグタイプ 3g×10包


▲茶葉タイプ 50g

お茶を淹れたときにさわやかな香りが立ちのぼる煎茶。お湯の温度で香り、甘み、渋みが変わるので、自分好みの味を探す楽しみのあるお茶でもあります。

すっきり目覚めたいときには、少し熱めのお湯で淹れるとカテキン成分が多く出て、ほどよい渋み。朝の気持ちがきりりと引き締まるような思いがします。

ゆっくりできるおやすみの日の朝は、沸かしたお湯をお湯のみや茶海に何度か移してしっかり湯冷ましを。70度くらいの温度で淹れると甘みがしっかり引き出されたお茶になります。


▲爽やかなグリーン色

すっきりとした香りで渋み、甘みのバランスがとれた静岡市の安倍川流域の煎茶と、香り高くほのかな渋みのある天竜産の煎茶と芽茶をブレンドした「めざめのお茶」。

温度を意識しながら丁寧にお茶を淹れる時間が、あわただしい毎日にふとした落ち着きを与えてくれます。


▲めざめて一杯に梅干しを添えて

■茶屋すずわの「ときのお茶」

「ときのお茶」シリーズは、一日の暮らしの中で、めざめ、おやつ、おやすみの3つのシーンに合うようにつくられたお茶です。

ふだんなにげなく選んでいるお茶、飲みものですが、無意識にそのときと場面に求めている味わいがあるものだなと、「ときのお茶」のコンセプトに出合って気づきました。

お湯の沸く音、感じる温度、お湯を注いで立ちのぼる香り、うつわの中の水色、口にふくんだときの風味。それぞれのシーンのためにブレンドされたお茶を、大切に淹れて味わう。

一杯のお茶がもたらすのは、のどの渇きの癒しだけではなく、豊な「とき」を感じることなのだとあらためて思える3種類のお茶です。


▲左から、めざめのお茶、おやつのお茶おやすみのお茶

すべすべと手ざわりのよい真っ白な缶には、3シーンそれぞれ3色の渡り鳥が描かれています。

「大きな空を羽ばたく渡り鳥たちが羽を休める癒しの場、止まり木のようなおだやかで大切な存在、私たちは暮らしに寄り添う現代の『茶屋』でありたい」
という思いが込められています。


■丁寧に淹れた一杯のお茶が、日々の暮らしを豊かに

茶屋すずわは、創業172年の老舗の茶屋「鈴和商店」が平成29年にオープンしたお茶と暮らしのお店です。

「お茶を通して豊かな時間を」という思いのもと、お茶を飲むひとときを大切にした暮らし、やさしくおだやかなお茶のある暮らしを提案しています。

鈴和商店は、日本最大のお茶の産地静岡で江戸末期から日本茶をつくり続けている茶問屋です。

最大のこだわりは「合組(ごうぐみ)」と呼ばれる伝統技術。

産地や品種の異なる茶葉をブレンドすることで、ひとつの茶葉だけでは味わうことができない色や香りを最大限引き出してひとつのお茶に仕上げます。

その確かな技術で、創業以来、数々の賞を受賞しています。


■最大のこだわり、伝統の合組(ごうぐみ)技術

産地も品種もさまざまで、味も香りもさまざまな特徴を持つ茶葉。
お茶を鑑定するときの大きなポイントである、味、香り、淹れた時の色、形状のすべてが、ひとつの農園の茶葉で揃うものはほとんどないそうです。

そこで活きるのが合組の技術。

茶葉を見て選び、テイスティングして、それぞれの茶葉が持つ力を最大限に引き出し、長所を生かして、1+1=3にも4にもなるような合組をしてひとつのお茶に仕上げていきます。


▲お茶をはかる、レトロな秤

そのためには、産地や品種の特徴を見極めること、そしてそれぞれを掛け合わせたときにどんな味・香りになるか試行錯誤を繰り返すことが大切です。

すずわでは、長年経験を積んだ熟練の茶師が、納得できる味になるまで何十回とサンプルをつくり、入念にテイスティングをかさねてイメージにあったブレンド比率を導きだしています。

日本最大のお茶の産地である静岡の茶問屋はどこも茶葉を見て選び、テイスティングする伝統の合組技術に長け、それぞれのオリジナルの合組技術に誇りを持っているそうです。

そして、茶屋ごとに合組の比率や産地などが異なり、その飲み比べもお茶のおもしろみのひとつ。

一杯のお茶の背景にある歴史、技術、人を知ると、さらに味わい深い楽しみが待っています。


▲何度も何度も、納得のいく味になるまでサンプルをつくってテイスティングする



■おいしい煎茶の淹れ方は、旨味が豊富な最後の一滴まで絞り切るように

《茶葉》※1人分
1.茶さじ1杯(約5g)の茶葉を急須に入れる
2.70~90℃のお湯を約130ml注ぐ
  ※水道水を使用する場合は、5分以上沸騰させるとカルキが抜けます
  ※低温で淹れると旨味、高温では香りを楽しめます
3.急須にフタをして60秒待つ
4.旨味が豊富な最後の一滴まで絞り切るように淹れる
  ※2煎目は1煎目よりやや高温で淹れるとおいしくいただけます

《ティーバッグ》※1杯分
1.湯呑にティーバッグを1個入れる
2.70~90℃のお湯を約130ml注ぐ
  ※水道水を使用する場合は、5分以上沸騰させるとカルキが抜けます
  ※低温で淹れると旨味、高温では香りを楽しめます
3.そのまま60秒待つ
4.取り出す前にティバッグを上下して浸出させる
  ※スプーンなどで押して絞り出してもOKです

*お湯をやかんから茶海などのうつわに移すと、移すごとに約10度温度が下がります。お湯の温度の目安に



写真提供:茶屋すずわ(7枚目、9枚目、10枚目、11枚目)

■関連記事

《スタッフセレクト》エンベロープフードホールにお茶が勢ぞろい。どのお茶が好き?


SHOPPING MEMO

名称:煎茶(茶葉)
内容量:茶葉タイプ:50g(1缶)
    ティバッグタイプ:30g[3g×10包](1缶)
原材料名:緑茶(静岡県産)
賞味期限:2022年3月
茶缶:直径 68mm、高さ102mm

保存方法:高温・多湿を避け、移り香にご注意ください

食品を含むため、お客様都合での返品・交換は承れません。

配送・ラッピング