Envelope Select|【受注商品】[Atelier el]DropイヤリングDR1430E(pair)

つややかな輝きに包まれる、パールのイヤリング

柔らかな質感と女性らしいラインを描いたAtelier el(アトリエエル)のブランド「Lys ligne」より、Dropパールイヤリングをご紹介します。ふっくらとしたパールが輝く可憐なイヤリングです。

ご注文期間:10月1日(金)10:00まで/お届け予定:2021年12月下旬

※こちらの商品は受注生産品です。お買いもの前に、必ず文末のSHOPPINGMEMOをお読みください。

■普段の日も身につけたいパール

「自然の風景」を想い描きながらジュエリーをつくる、Atelier el。このシリーズでイメージしたのは、静寂の中、刻々と岩から染み出す澄んだ雫。光を受けてきらめく雫のように、パールが自然な輝きをみせます。


パールというとあらたまったシーンをイメージさせますが、このイヤリングの柔らかな佇まいは普段の装いにもなじみ、気負いなく身につけられます。

その重さは1gほど。つけつづけていても疲れさせない軽やかさです。


チェーンネックレス(CHA1702N)

身支度を整えて耳元に添えると、その日一日を優しくつややかな雰囲気で包みこんでくれます。どこにも出かけない日にも自分自身を彩るために、装いにプラスしてはいかがでしょうか。


■不均一だから美しい、金属のライン

イヤリングの金属部分は自然なゆらぎがあります。手でしかつくれないそのゆらぎは、ほかにはない魅力。

ブランド名の「el 」は手を意味しています。「人と共に在り、時を経ていくものだからこそ、できる限りの工程をこの手で行いたい」そんな想いが込められています。

Atelier elの作品すべてにいえることですが、手でかたちにしていくジュエリーは、金属でありながらあたたかみを感じさせるのです。

■痛くない、イヤリング

イヤリング派の人にとって大事なのがつけ心地。せっかくのおしゃれをしても、耳たぶが痛くなってしまうと悲しいもの。

その点、Atelier elのイヤリングの留め具から手づくり。耳に挟むつくりで締めつけ感がないので、つけていることを忘れるほどなのです。

イヤリングのつけ方は、2通りあります。一つは耳たぶをひっぱって薄くしてつける方法。


もう一つは耳たぶの薄い部分からつけて、移動させる方法です。

■金属に命を吹き込むように

Atelier elは、岡本英之さんと岡本匡香さんによるブランド。その作品は、神戸にある古いビルの一室で生まれます。

「手にして下さった方の日常に溶け込みながらも特別な存在として、永く身に着けて頂けるものになるように」

そんな想いのもとつくられたジュエリーは、身に着けた時に美しく見えるように、身体の曲線に沿って肌になじみます。

■関連記事

“手”で金属を奏でるAtelier elのジュエリー

SHOPPING MEMO

素材:K10+pearl
サイズ:全長(パール含む)約2㎝×横1cm 直径約0.6cm

※一点ごと手づくりのため、個体差がございます。
※オンラインの画面の表示の色は、ご利用の環境その他により実際の色と多少異なる場合があります。
※こちらの商品は受注生産品です。ご注文からお届けまで、お時間をいただいております。
※発送時期が異なるため、通常商品とは同時にご注文できません。通常商品もご購入の場合は、2回に分けてご購入手続きをお願いいたします。
※受注生産のため、代金引換払いはご利用いただけません。また、ご注文後のお客さま都合での返品・キャンセル・変更は承れません。

配送・ラッピング

箱入りラッピング付属の箱を包装紙でお包みします
簡単ラッピング付属の箱を包装紙でお包みします
ネコポス不可