LISETTE-≪フォーマル特集≫リゼッタのおすすめ着回しコーディネート

卒入学式や食事会など春にかけてお祝いごとが多くなるもの。きちんとしていながらも、いつもの私らしくいられたら。

セレモニーだけでなくお出かけ着としての楽しみ方やスタッフのフォーマルスタイルまで、フォーマルウェアのポイントや着こなし方をご紹介します。

インスタグラムでもリール動画でご紹介中!みなさんのコーディネート選びの参考になりますように。


Style 01
クラシカルなブラックワンピース「アマリア」

ワンピース「アマリア」で4つの着こなし。結婚式から悲しみの日、ドレスダウンをして食事会。ドレスアップした装いからカジュアルな着こなしまで。

▲ワンピース:アマリア/ノアール バッグ:サック・ミミ コサージュ:コルサージュ・カメリヤ

「結婚式や食事会へ。パールネックレスにはカメリヤのコサージュを重ねつけ。足元は網タイツで抜け感と遊び心を。」

▲ワンピース:アマリア/ノアール 

「悲しみの日は喪服として。ジャケットを羽織れば式典や仏事にも着られます。」



▲ワンピース:アマリア/ノアール・シャルボン

「ネックレスとコーサジュをスカーフに替え、足元はブーツでドレスダウンして友人との食事会へ。」

▲ワンピース:アマリア/ノアール・シャルボン コート:オリガ

「 フォーマルな装いのアウターとしておすすめのコートは、袖下がゆったりとしているベルスリーブのワンピースにもぴったり。」


Style 02
上質なシルクグログランのセットアップ

美しい織りが特徴のレーヨンシルクでつくるモノトーンの着こなし。スタイリッシュにシャープにきめたいときにはこちら。

▲ジャケット&スカート:エリデ&ペトラ ブラウス:レイナ

「柔らかな生成り色のブラウスとスカートのセットアップ。ブラウスも品のある生成色で統一。結婚式や入学式、華やかな場にぴったり。」

▲ジャケット:エリデ ブラウス:エミリアーナ/ノアール スカート:アンナリーナ

「3月はまだまだ寒い。そんな時は華やかで温かいウールのプリーツスカートの出番。タイネックブラウスで胸元は華やかに。」

▲ジャケット:エリデ カットソー:セラフィーナ4 パンツ:フェデーレ

「首回りすっきりのカットソーとブラックパンツでドレスダウン。」

▲ブラウス&スカート:マウラ&ペトラ バッグ:サック・ミミ コサージュ:コルサージュ・カメリヤ

「春を感じる4月。ドルマンスリーブが女性らしいショート丈のブラウスとの軽やかなセットアップで。」


Style 03
ペールグリーン色のセットアップ

テーマは派手すぎず地味すぎないコーディネート。ペールグリーンを際立たせる4つの装い。

▲ジャケット&スカート:キャサリン&アン/ヴェール・ドー ブラウス:テリーサ バッグ:サック・クイール・ジジ コサージュ:コルサージュ・マグノリア

「大人の余裕と遊び心を感じさせるペールグリーンのセットアップ。ブラウス袖のフリルをチラリ。」


▲ジャケット&スカート:キャサリン&アン/ヴェール・ドー ブラウス:テリーサ

「ブラウスを白から黒に変えるだけで、がらりと変わる印象。きれいなペールグリーン色が際立ちます。」


▲ジャケット:キャサリン/ヴェール・ドー ブラウス:テリーサ コサージュ:コルサージュ・TSUBOMI

「上下ブラックのパンツスタイルにジャケットを潔く合わせた装い。可憐なコサージュを着ければ柔らかな印象に。」

▲ジャケット:キャサリン/ヴェール・ドー バッグ:サック・クイール・カレ

「ジャケットをカジュアルに着こなしたい。そんなときはクローゼットにあるボーダーとスカーフできれいめカジュアル。」


Style 04
カメリア(椿)のコサージュ

ブローチとして、髪留めしても使える2wayのコサージュ。手持ちのワンピースやブラウスの胸元に留めるだけでフォーマルスタイルに。

▲コサージュ:コルサージュ・カメリヤ ワンピース:セーラ


「短めのヘアスタイルに添えるだけで後ろ姿が華やかになる心強いアイテム。」


▲コサージュ:コルサージュ・カメリヤ ワンピース:カテリーナ バッグ:サック・ルルーシュ

「シンプルな漆黒のワンピースは合わせる小物次第で様々なシーンで活躍。ハレの日にはここぞとばかり華やかなバッグやアクセサリーと合わせて。」


▲コサージュ:コルサージュ・カメリヤ ブラウス:フィオレッラ スカート:メラーニア バッグ:サック・レーヌ

「光沢が美しい漆黒のロングスカートに甘めのブラウス。普段使いのブラウスとスカートでも組み合わせ方次第できちんと感のある着こなしに。」

▲ワンピース:アマリア/ノアール

「Vネックワンピースの胸元に重ねづけしたパールネックレスと組み合わせてた大人のブラックコーデ。」


Style 05
タイネックブラウスのすすめ

結び方で印象が変わるタイネックブラウス。1枚あるだけで、フォーマルにもカジュアルにも落とし込めます。コットンとレーヨン、2つの生地で展開中。

▲ブラウス:エミリアーナ/ブラン ジャケット&スカート:ライザ&エルマ バッグ:サック・クイール・ジジ


「上質なジャケットとスカートのセットアップに、タイネックブラウスをリボン結びで女性らしく。ボリュームのある襟元のおかげでアクセサリーいらずの華やかさ。」


▲ブラウス:エミリアーナ/ノアール ジャケット:エリデ スカート:アンナリーナ

「クラシックなデザインのジャケットには片結びにして上品かつハンサムに。結び方で印象を変えて楽しめます。」


▲ブラウス:ヴェロニク ジャケット:マーガレット

「片結びしたタイネックとパールネックレスの組み合わせ。甘くなりすぎないけど華やかさもある、絶妙なバランス感。ボトムはパンツで。」

▲ブラウス:ヴェロニク ワンピース:ルシア バッグ:サック・レーヌ

「レースを裾にあしらったウールリネンのワンピースに、タイネック首元からのぞかせて。ブラウスを合わせて少しフォーマルに、一枚で日常使いに。」


Special edition
リゼッタスタッフのフォーマルスタイル

どんな装いで卒入学式やハレの日に参加した?リゼッタスタッフの最近のフォーマルスタイル事情。

ジャケット&スカート:ライザ&エルマ ブラウス:テリーサ コサージュ:コルサージュ・カメリヤ

「保育園卒園式では黒のセットアップ+コサージュを衿元の中心に付けました。TSUBOMIはさりげなく華やかになるのが気に入っています。 コロナ過を経ての小学校の入学式は、春が待ち遠しかったこともあり思い切って花柄のセットアップを選びました。その後の七五三でも着用しました。」(リゼッタスタッフやべ)


▲ワンピース:カテリーナ ジャケット:ライザ コサージュ:コルサージュ・マグノリア

「高校の卒業式ではネイビーのワンピースにジャケット『ライザ』、胸元に『コルサージュ・マグノリア』を着けて出席しました。式は落ち着いたダークカラーの方が多かったのが印象的でした。黒のジャケットは着回しができるので、ひとつあると本当に便利。ふんわり袖口が普段にも着れそうなのも選んだ決め手でした。」(リゼッタスタッフやました)


▲ワンピース:アマリア/ノアール ショール:ディーナ コサージュ:コルサージュ・カメリヤ

「昨年の小学校の卒業式。子どもたちはグレーや紺、黒と落ち着いた装いでした。それに合わせるように保護者も明るい色よりダークトーンの方がほとんど。わたしは少し華やかさが欲しかったのでコサージュは役立ちました。あと春とはいえ、寒い体育館にはショールは必須。シンプルな装いの時こそ、生地の美しさやシルエットが大切だなと感じました。」(スタッフつかもと)

▲ワンピース:セーラ ジャケット:キャサリン コサージュ:コルサージュ・ヴィオラ

「親戚の結婚式用にえらんだのは上品なベージュ色のワンピース『セーラ』とジャケット『キャサリン』。当日はパールのネックレスに象牙のブローチ、髪は結わいて『コルサージュ・カメリヤ』を留めました。ジャケットはちょっとおしゃれしたい日にタイネックブラウスとコーサジュ、ボトムスはデニムにしてみようかな。フォーマルアイテムの次の展開を考える時間も楽しいです。」(リゼッタスタッフもりた)


lisette-la-petite-robe-noire-24

LISETTEのよみもの

わたしのポルトモネ

わたしのポルトモネ

スタッフが愛用するリゼッタのがま口財布「ポルトモネ」。第1回目はディレクターたいらから
リゼッタの定番図鑑

リゼッタの定番図鑑

リゼッタのロングセラーを紹介。第13回目は「ディーナ」です
note:教えてリゼッタ

note:教えてリゼッタ

リゼッタのショップスタッフに聞くファッションの気になること
note:アトリエから

note:アトリエから

リゼッタのアトリエから服づくりやおしゃれのおはなしをお届けします
Today's cordinate

Today's cordinate

お天気や気分次第。リゼッタのショップスタッフの今日のコーディネート