the linen bird home- Laboratorio quattro

ー 旅をしてきたポジャギ ー

Laboratorio quattro(ラボラトリオ クアトロ)土屋文美(つちやあやみ)さんのポジャギやパッチワーク作品を、期間限定でご紹介します。
今回、リネンバードのカーテンやクッションカバーのはぎれを用いて、新作もつくっていただきました。すべて一点物の貴重なアートピースを、どうぞご覧ください。
 


掲載期間:2022年8月5日(金)~8月18日(木)12:00
※作品がなくなり次第、終了となります
※オンラインショップ限定のご紹介です


■一枚の布へ戻すアートワーク

土屋さんの作品は、はぎれや廃材、古布などを使い、それぞれの形に合わせてパッチワークをして素材を一枚の布に戻すというコンセプトのもと、
イタリアのステンドグラスから受けたインスピレーションと、独創的なアイデアをミックスしてつくられています。


製作のポリシーは「再生」で、行き場を失った布たちの個性を魅力に変えて、新たな命を吹き込んでいます。




■旅と感じる物語を繋いで

土屋さんにポジャギについてお話をうかがいました。

ーー「例えば、リネンの生地がひとつ出来上がるまでにも、春に種を蒔くところから
はじまって、人の手と場所を転々としながら、いくつもの旅をしてきていると思うんです。
そうして遥々、私の手元へ届く小さな布片たちの物語を感じながら、
新しいかたちへと繋いでいます」



ーー「生きることそのものが大きな旅で、出逢いや感動、笑顔や信じる力を感謝と共に縫い繋げて、旅するポジャギは生まれました。ひとつひとつの私のストーリーと共に、その先のあなたの物語を素晴らしい風と光と共にお楽しみいただけると幸いです」

旅先で出合ったアンティーク生地を使うこともありますが、在庫として残ってしまったり、行き場を失った現行品のはぎれを再生する創作が中心の土屋さん。
手にして下さった方たちと時を重ねアンティークへと育ち、楽しめる作品を手掛けています。


■ PLOFILE ■  土屋 文美さん
京都芸術短期大学(現・京都芸術大学)服飾学科服飾デザインコース卒業。アパレル業界に約20年勤務後、2019年に拠点を京都に移して活動中。
2012年~「Laboratorio quattro」を立ち上げ、はぎれや廃材、古布などを使用し、そのキズや汚れひとつひとつの表情、個性を楽しみながらポジャギやマット、パッチワークなど雑貨を中心に作品をつくられています。


thelinenbirdhome-laboratorioquattro
タグで絞り込む: 旅をしてきたポジャギ

the linen bird homeのよみもの

あの人のベッドリネン

あの人のベッドリネン

寝室づくりやインテリアのお話を聞かせてもらう「あの人のベッドリネン」
LIBECO HERITAGE ORGANIC

LIBECO HERITAGE ORGANIC

ベルギーリネンのブランドLIBECOのオーガニックリネンについてご紹介します
LIBECO LOOKBOOK

LIBECO LOOKBOOK

ベルギーリネンのブランドLIBECOのコレクションブックページができました
リネンの部屋

リネンの部屋

リネンバードホームスタッフがお届けする「リネンの部屋」。枠にとらわれずリネンを楽しむためのお話をご紹介します
カーテンアルバム

カーテンアルバム

リネンバードホームのカーテン事例集。柔らかく光をとりこむリネンのカーテンは、インテリアに優しさと温かみを与えてくれます
家具のお話

家具のお話

“生活にとけこむ” ヴィンテージ家具。その良さをより多くの方にお伝えできたらと、専任スタッフが「家具のお話」をお届けします
note:リネンのキホン

note:リネンのキホン

リネンバードホームのスタッフに、リネンのキホンや賢いところや魅力、意外と簡単なお手入れについて教えてもらいました
工場見学

工場見学

2003年から2009年頃にかけてリネンバードのウェブサイトに掲載していた「工場見学」。改めてお届けします
about linen

about linen

インテリアのリネン、そしてソーイングのリネン。リネンについてのよもやま話をご紹介します