Envelope FOOD HALL|[こんぶ土居]こんぶ飴

なつかしくて新しい、昆布のおやつ

100年以上の歴史を持つ、大阪の昆布専門店「こんぶ土居」。日本ならではの食材「昆布」の伝統を守るとともに、時代に合わせた優れた食品をつくっています。その一つがこちらの「こんぶ飴」です。

■北海道産昆布を贅沢に使用

キャラメルみたいな柔らかな触感。なめらかな表面をそっと噛むと広がる、優しい甘さ。「こんぶ飴」は大阪の昆布専門店「こんぶ土居」が手掛ける、家族みんなで楽しめるおやつです。

▲吟味した北海道産昆布がふんだんに。あっさりとあきのこない味です

原料は私たちフードホールでも販売している同店の昆布粉。北海道函館沿岸で採れた昆布を粉末にした、調味料のように使える昆布です。

▲素材に自信があるから、食塩すら添加していない「昆布粉」。あのグルメ漫画「美味しんぼ」にも登場します

こんぶ飴は飴が硬くならないぎりぎりまで昆布粉が使われているので、昆布本来の味が楽しめます。というと、素朴な味をイメージするかもしれませんが、国内製造の麦芽水飴を合わせることで「甘いものを食べたい」気持ちもしっかりと満足させてくれるんです。
積極的に摂りたいビタミン・ミネラルが豊富で、しかもつい頬が緩むおいしさ。明治36年の創業からつづく同店の「よい食品をつくろう」という想いがじわじわと伝わってきます。

■必ず自分たちの手や目を使って

「人まかせではよいものはできない」というのが同店の考え方。毎年昆布の産地に足を運んで信頼関係を育むとともに、自分の目でも素材を吟味しています。


▲写真提供:こんぶ土居

■本物の味を伝えつづけて

大阪の昆布専門店、こんぶ土居の創業は1903年(明治36年)。北前船によって北海道の昆布が大阪に集められたのは、江戸から明治時代にかけてのこと。

昆布文化が発展した時代から現在に至るまで、同店ではその魅力を発信しつづけています。


▲こんぶ土居があるのは、大阪市中央区の空堀(からほり)商店街。店内は無垢の松の床、漆喰の壁、温かみのある光を放つ船舶用の照明…。その温かみは、同店の製品づくりに通じるものがあります

出汁をとる家庭が少なくなった今、4代目の純一さんは産地への訪問やだし教室の開催など、様々な取り組みを行っています。日本の伝統的な食文化を次世代に受け継いでいくために。


▲同店のウェブサイトやパンフレットでは、昆布だけに限らず食材についての情報発信をしています

■関連記事

《おいしいつくり手》受け継いでいく、本物の出汁/こんぶ土居

SHOPPING MEMO

[こんぶ土居]こんぶ飴
原材料:麦芽水飴(大阪府製造)、砂糖(国内製造)、小麦粉(国内製造)、米粉(国内製造)、日高昆布(北海道産)、真昆布(北海道函館市産)
内容量:120g
賞味期限:20年12月
保存方法:常温

食品を含むため、お客様都合での返品・交換は承れません。