今日のエンベロープ

毎日じゃないけど、ゆるーく更新。
エンベロープの裏側を、
スタッフがリレー形式でお届けします。

ドイツ生まれの羊毛ふとん「ゾマースペシャル」が再入荷

ドイツ生まれの羊毛ふとん「ゾマースペシャル」が再入荷

2024.4.24

写真はドイツの都市ハイデルベルクの風景。この地の近くに寝具ブランド「ビラベック」は70年程前ヘッドオフィスと工場を構え、今はこの場所とスイスのチューリッヒ、ブタペストに工場を持ち、こだわりの羊毛布団をつくっています。

春から夏は寒暖差があるので、日々の天候に対応の難しさを感じている方もいるのではないでしょうか。

ビラベックの羊毛ふとんの特徴は、さらさらであたたかさもあること。ドイツ生まれだからドイツの羊かというと、ドイツの羊も使われているけど主には羊毛公社に集められたフランスの羊の毛です。

アルプス山脈から流れ出るミネラル分を多く含んだ水で育った羊は天然パーマ感が強くなり、このカールが強くコシのある羊毛が布団向きのもの。そういった羊たちの恵みです。

再入荷したゾマースペシャルの「ゾマー」はドイツ語の夏から。湿度コントロールと温度コントロールに適した、季節の狭間や夏にぴったりのふとんなのです。この時季、眠りが浅いんだよね……と感じている方に取り入れていただきたい一枚です。

(エンベロープスタッフみやした)

秋のはじまりと寝具

秋のはじまりと寝具

2023.9.27

ここ2、3日、朝起きて急に肌寒さを感じるようになりました。暦の上では、もうすぐ中秋の名月。長かった夏がようやく終わりをむかえ、安堵とうれしさを感じる反面、急に哀愁じみた感じも。これこそが「秋のはじまり」だったことを思い出しています。

秋の気配を感じて、いち早くご紹介したい!と思っているのが、今週月曜日に撮影した新入荷の寝具。ロイマリンドウールを使ったドイツ生まれの羊毛布団や、イタリアのブランド「マラゾット」のウールケットです。どちらも天然素材の恵みを使いながら、私たちの生活に即するかたちでものづくりされていて、デザインも上品。横になって風合いを感じては「欲しいね」の会話ばかり。本質を追求した寝具をご紹介できることをうれしく思います。

羊毛布団は睡眠時の湿度コントロールに役立ちます。薄くて軽くて一枚で使えるだけでなく、真冬は羽毛布団の下に挟んで暖かさをプラスできるので、寒がりの方にもおすすめしたいものです。

こちらは10月3日(火)からご紹介予定です、ぜひご覧ください。

(エンベロープスタッフみやした)

同じ夜はひとつもない

同じ夜はひとつもない

2023.7.12

エンベロープの寝具店の短冊リーフレットに、久しぶりに絵具を使ったデザインをしました。イラストと文章に合わせた、漆黒の荒々しい夜更けにはじまり、瑞々しく広がる淡い夜明けのイメージ。

学生時代の絵具セットをひっぱりだして、絵とも言えないただ色を重ねるだけの作業を心ゆくまで楽しみました。お部屋の隅に貼ってもらえたらうれしいです。

(リネンバードスタッフわたなべ)

頭を悩ます枕問題

頭を悩ます枕問題

2023.6.30

少し寝苦しい夜が増えてきました。吸放湿性に優れたリネンの寝具の心地よさが際立つ季節でもあります。

私が愛用しているのはラミー100%のわたを使ったキルティングシーツと、それに合うように選んだLIBECOのピローケース「ワークショップストライプ」。さらりとした肌触りを堪能するため、ベッドの上で無意味に手足を動かしてしまう毎日です。

今寝具で気になっているのは、枕。長年の使用でぺっしゃんこになっています。TLB HOMEスタッフに相談してみると、敷布団の種類や使用年数、寝る時の姿勢などを聞かれ、枕単体のことを考えるだけでなく、寝具全体から選ぶのだとわかりました。

まだどの枕を選ぶかは決まっておらず、商品のページやエンベロープの寝具店の「お客さまからの応答レター」や「おやすみノート」を読み込む日々。TLB HOMEスタッフによると、枕に悩むお客さまは多いんだそう。

大切な睡眠の時間、しっかり自分に合った寝具をそろえたいですよね。枕を買ったならば、誰かのお役に立てるよう使い心地をお届けしたいと思います。

(エンベロープスタッフまえだ)

眠りのヒントを伝える眠子さん

眠りのヒントを伝える眠子さん

2023.6.12

文章を書く、写真を撮る、商品企画にデザイン、イラストを描くことも私の仕事。最近エンベロープの寝具店に必要なイラストをよく描いています。

元々アートディレクションとグラフィックデザインの仕事をしていたので、好きな作業ではあるのですが、プロのイラストレーターではないので毎回「同じ人が描いた絵」にならなくて奮闘しています。

写真は寝具店のコラム「いい眠りのヒント集」に登場する、スタッフみやしたとつくったキャラクター眠子(みんこ)。とっさに名付けたみやしたのネーミングとセンス。何気なく私が描いたメモが、私たちのお店の一員になりました。

(リネンバードスタッフわたなべ)

人から人へ。お客さまに紹介したくなるボディドクターの枕

人から人へ。お客さまに紹介したくなるボディドクターの枕

2023.5.27

ボディドクターのラテックス(天然ゴム)の枕をはじめて使ったとき、こんなに低めの枕で大丈夫かな?と、半信半疑。しかし一晩寝てみると、驚くほどらくに頭を支えてくれて、嘘みたいに聴こえるかもしれませんが、まるで枕の中に私の頭を持ってくれている手があるみたい。いかに頭って重かったんだなと思うと同時に「支える力」に感動を覚えました。

先日、つくり手ファイルの取材も兼ねて、葉山の店舗へ訪問(写真は葉山港)。営業の沼上さんのラテックス愛が素晴らしくて、ある製品にラテックスが特殊に内蔵されていることに嬉々とした様子だったり、天然ラテックスを使用した靴を愛用していたり。仕事スタイルや雰囲気はいわゆる営業マンなのですが、この素材に出合った縁をご自身が大切にしている方で、取引先の話をすると、卸を通じて知り得た若い世代の興味深い仕事の姿勢を何げなく教えてくれたりもしました。

会社は少人数で運営されているようで仕事上で人に関わる範囲が広いのだと思いますが、よい機能を持った商材を通じて社会に対して貢献したいという思いが話全体から伝わって来ました。私はモノであるボディドクターのアイテムたちが、いかに喜ばしいパートナーに出会えたか、と(笑)

私たちも自社の商品を大切にしていますが、人から人へ、届けていく醍醐味をあらためて感じた一日でした。

(スタッフみやした)

カテゴリー